興味ある人へのアピールと外観の見直しで集客につなげる

こんにちは!グッドネスカンパニー代表の生田です。

本日も、ウェブマーケティングをテーマに情報をシェアしていこうと思います。

よろしくお願いします!

気に入っていただけましたら、ぜひ読者登録をお願いします (-人-) m(__)m

読者登録してね

さて、今回のテーマは、

興味ある人へのアピールと外観の見直しで集客につなげる」です。

私は、埼玉県でパソコンスクールも運営しています。

パソコンスクールは、交差点角のビル2階で営業しています。

エレベータもありますが、外階段もありますので

スクールに来られるお客様は、ほとんどの方がこの外階段を利用します。

開講当初は、なんの施策もなかったのですが、

この階段の、交差点正面から見える位置に

よく不動産会社が使っているようなチラシケースを設置したり

そのチラシをパウチして、階段に貼りだしたりすると

「お客様が下のチラシを見ました」と言って2階まで上がってきて

くれるようになりました。

それまでは、「2階の窓広告を見ました」がほとんどで

チラシを配った直後でも、なかなか聞けない

この「チラシを見ました」という言葉が

いとも簡単に数多く聞けるようになり、嬉しかったことを思い出します。

これに加え、スクール内の写真をA4サイズで印刷して

これもパウチして、交差点正面の階段に貼ったことで

さらなる集客につなげられたと思っています。

2階で営業しているという場所が、あまり人の目に触れないので

こうやって、チラシを身近な場所に置いたり

中の様子を、外からでも見られるように工夫したりすることで

ものすごく効果があると当時感じたものです。

実際、ホームページでも同じことが言えます。

チラシを近隣地域に5万枚配るとします。

興味を持っている人にも、興味を持っていない人にも配られます。

しかし、営業地点でより人目につくところに

チラシを置くことで、興味を持ってくれている人が

そのチラシを持ち帰って検討してくれる。

はたまた、その場でチラシを持って話を聞きに来てくれる

なんてレスポンスが良いのでしょうか!

これに該当するのが、キーワード広告だと思います。

ヤフーのスポンサー広告や、グーグルアドワーズなどが該当します。

  ※これらスポンサー広告については、今度特集を組みますね。

中の様子を、見せるという意味では、

説明するまでもないかもしれませんが、ホームページそのものです。

中の様子だけでなく、どんな人が働いているのか?

どんなふうに、受付して、学んで、帰ってくるのか?

どんなふうに手続きするのか?

訪れる前に、シミュレーションできる内容が

見ている側にとってはとても安心感につながります。

先日、ブログで安心と信用をという内容でお伝えしましたが

ホームページでも伝えることができます。

だけど、ブログと同じと言うわけではなく、

ホームページだからこその伝え方をしたいですね。

このテーマについては、次回「4つの秘策」と言うテーマでお伝えしたいと思います。

今回は、

興味ある人へのアピールと外観の見直しで集客につなげる

という、テーマでお話ししました。

今回も、

あなたのホームページに、たくさんの方が訪れるよう

少しでもお役に立てることができたら嬉しいです。

次回もあなたに、質の高い情報をシェアしていきます。

楽しみにしていてください。

それでは今回も、あなたの貴重な時間を割いて

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたからのコメントを、お待ちしております。

よろしかったら、ペタもお願いしますm(__)m

ペタしてね

できれば…こちらも…ポチッとお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

感謝。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す