ユーザーシナリオを考える時の3つのポイント

こんにちは!グッドネスカンパニー代表の生田です。

本日も、ウェブマーケティングをテーマに情報をシェアしていこうと思います。

よろしくお願いします!

気に入っていただけましたら、ぜひ読者登録をお願いします (-人-) m(__)m

読者登録してね

さて、今回のテーマは、

ユーザーシナリオを考えて集客につなげる

の、続編で、

ユーザーシナリオを考える時の3つのポイント」です。

さっそく、

ユーザーシナリオを考える時の3つのポイントをお伝えします。

—————————————————————-

1.ユーザーのゴールを決める。

2.ゴールにたどり着くまでに、どのようなステップが必要か考える。

3.スタート地点を決める。

—————————————————————-

順番に見ていきましょう。

1.ユーザーのゴールを決める。

たとえば、お米販売のサイトを考えてみましょう。

「お米を買う」というユーザーシナリオになります。

ユーザー視点で考えると、お米が届いた時がゴールだと思います。

細かく言えば、

「ちゃんとお米が届いて、ちゃんと食べられた。」がゴールかもしれません。

この時、ユーザー視点でゴールを考えることが重要です。

販売者視点になってしまうと、注文した時点でゴールと考えてしまうからです。

2.ゴールにたどり着くまでに、どのようなステップが必要か考える。

ちゃんとお米が届いて、ちゃんと食べられるまでに、

どのようなステップが必要かをひとつひとつ考えます。

食べられる

 ↑

お米が届く

 ↑

支払いを済ませる

 ↑

届け先を登録する

 ↑

お米を選ぶ

 ↑

お米を探す

と、いった感じで。

今は、ざっくりと例を挙げていますが、

実際は、これでもか、これでもか、と言う感じで

細かくステップを洗い出して行きます。

これ、非常に重要な作業です。

よく、どんな内容を掲載したらいいのか分からないという

サイトオーナー様もいらっしゃいますが

サイト訪問者の動きを想定すると、

「あっ、ここで、これを伝えておかなきゃ!」というようなことが

必ず発見できます。

そして最後の、

3.スタート地点を決める。

訪問者が、

どんな目的を持って、

どんな探し方をして、

スタート地点にたどり着くのか?

このスタート地点に、どのようなキッカケがあれば

次の行動を起こすのか?

これらを、しっかり考えることです。

最終的に、このユーザーシナリオをベースに

訪問者の目的を果たしていただくための、

気の利いた誘導として、サイト内に導線をはります。

どのようなキーワードで検索されたら

どのページが入口となり…というような動きを

ホームページに組み込みながら、仕上げて行くイメージです。

あなたのサイトのユーザーシナリオを

この機会に、ぜひ考えてみてください。

今回は、

ユーザーシナリオを考えて集客につなげる

の、続編で、

ユーザーシナリオを考える時の3つのポイント

という、テーマでお話ししました。

今回も、

あなたのホームページに、たくさんの方が訪れるように

少しでもお役に立てることができたら嬉しいです。

次回もあなたの、お役にたてるような情報をシェアしていきます。

楽しみにしていてください。

それでは今日も、あなたの貴重な時間を割いて

最後までお読みいただきありがとうございます。

本日も、あなたからのコメントをお待ちしております。

よろしかったら、ペタもお願いしますm(__)m

ペタしてね

できれば…こちらも…ポチッとお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

感謝。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す