清原和博

私は子どものころから、野球大好き。
父とキャッチボールは、あたりまえ。
近所の子供たちどうしでも、野球をして遊ぶ。
小学生のころも、クラスの女の子たちで野球チームを作って遊んでた。
このころ、母の実家に夏休みを利用して家族で帰省した時、
ちょうど開催されていた高校野球の準決勝のチケットが手に入り父と二人で大喜び。
混雑した電車に乗り甲子園まで行ったことを今でも忘れない。
こども心に”カチワリ”…かなり期待してたんだけど、”うん?氷水?”なんて思ったりして、でも暑いからこれがまたたまらない…と思っていたと思う。

そんなわけで、年も近い清原選手をずっと応援していた気がします。
桑田選手もスゴイ人だと思っていますが、個人的には清原選手の男気に魅かれるようです。

昨年は、KKコンビと言われたこのお二方が引退を表明し寂しい気持ちになったものです。

最近、また二人がTVでフューチャーされているなぁ~なんて思っていたら
清原さんの自伝が出ていると知り、さっそく本屋で立ち読み。(←ファンなら買えっ!
プロローグを読みながら、涙。(立ち読みなのに…
あわててその場に本を置いて立ち去る。(かっ買わないのぉ~?

結局後日、ちゃんとその立ち読みしたお店で購入。
昨晩、読み終えました。涙・涙で読み終えたので、今日は目が腫れています。
これまでファンであるがゆえに、厳しい思いを持ったりもしたんだけど
 (たとえば、なんで大きなダイヤモンドのピアスするんだろ?…とかね。
でも、清原さんだから…って思ってファンをやめるわけでもないんですがね…
この本を読んで、ますます清原さんのファンになりました。

純粋で、誠実な、男気のある素敵な方だと思います。
番長と言われていても、めっちゃ怖がりなところもあったりしてお茶目なところがまた人間っぽくていいんですね。

将来どこかのチームの監督になり、その後どこかのチームのオーナーになってもらいたい気持ちでいっぱいです。
違う立場になった、KK対決も見てみたいですね。

清原さん、桑田さんの今後のご活躍を祈念いたしております。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す