1日2400時間吉良式発想法

 
先日、ツイッターでオデッセイコミュニケーションズの出張社長が

ご推薦されていた書籍を、さっそく読みました。

もちろん、テーマに興味があったんですが

出張社長のおススメコメントにやられてしまった(笑)のと

タイトルが奇抜(笑)でしたので、

それだけで広告業の気持ちを鷲掴みされた感じです(^。^)

読んでみると、

吉良さんの切り口が斬新で、非常にわかりやすい説明で

うちのスタッフにもぜひ読んでほしいと思った1冊でした。

難しく考えすぎていた部分を、紐解いてもらった感じです。

個人的には、Yes,but 発想法。

自分がやりがちだったことなので、最近は少し否定的に見ていました。

でも、これを読んで、間違ってるわけじゃないんだなーと思えました。

そして、不況の連鎖。

まだまだ、自分の考え方は甘いと実感。

でも、こうやって考えることが楽しいと思えました。

チャネル変換型発想で数は出せても、だから何?になりがちなので(笑)

良い刺激と、学ぶ機会をありがとうございます。

著者である吉良俊彦さん、出張社長に、感謝。

1日2400時間 吉良式 発想法

1日2400時間 吉良式 発想法

LINEで送る
Pocket

コメントを残す